HOME → 治療ポイント → うつ病は再発率の高い病気?

うつ病は再発率の高い病気?

再発率の高い病気 うつ病について書かれた本やネットで検索した情報では、「再発率が極めて高い」とされていました。 せっかく治ったとしても、数年のうちにまた発症してしまったのではいたちごっこのようなものです。

私はどうしてうつ病が再発するのか、その原因を知ることが必要ではないかと考えるようになりました。

うつ病は治らないの?

調べていくうちに、「うつ病は完治しない」という一文に行き当たりました。 それを目にした時の衝撃は今でも忘れられません。 「夫には絶対に知られないようにしなければ…」血の気が引いて、心臓がバクバクするほどのショックを受けながら、真っ先に考えたのはそんなことでした。

今ですらうつ病になった自分を完全に受け入れたとは言い切れない夫。 「治らない」なんて知ったら、それだけで絶望してしまうかもしれません。 自分をなだめながら読み進めていくと、うつ病の場合は「完治」や「治癒」ではなく、「寛解」と言うことがわかりました。 症状がほとんど見られなくなった状態で、再発を予防しつつ経過観察をしていく段階のことだそうです。

心は目に見えないもの。「完全に治った」と言い難いのは考えてみれば当然かもしれませんね。 悲観的にならず、「寛解」を目指せばいいのだとちょっと気が楽になりました。

確率は80%!?うつ病の再発

とはいえ、寛解と診断されたからといって安心はできません。 うつ病に限らず、心の病気は治りかけが一番注意すべき時期と言われているからです。

ちょっとよくなったからと、これまでの遅れや休んだ分を取り返そうとして無理をしてしまうと、たちまち再発して病状が悪化する可能性があるのです。 また、一度うつ病にかかると再発する確率が高いという調査結果も気になりました。

再発率は80%、回数にすると平均4回というのですから、ほぼ間違いなく再発すると思った方がよいでしょう。 それを防ぐためにも、うつ病についてもっと詳しく知りたいという気持ちが募りました。

再発を防止するためには?

うつ病の原因は過剰なストレスとされています。 実際、夫の場合も上司との関係や仕事の重圧などに耐えきれなくなったことが大きいと思います。 そこで何らかの対策…例えば休養する、配置換えを願い出るといった具体的な方法を実行できなかったために、心が押しつぶされてしまったのでしょう。

それらを改善しない限り、たとえ寛解したとしても復職した途端に再発することは目に見えています。 初めてうつ病を発症して寛解に至った人のうち、50%が再発するというデータは、それを如実に表しているのではないでしょうか。 そういった意味でも、会社にうつ病を告白したことで、理解と協力を得られたのはありがたいことでした。