HOME → うつ病の兆候 → 病院へ行くように説得する

病院へ行くように説得する

病院へ行くように説得する 精神科を受診させたいと思ってもどう切り出していいか分からない。そういう方もたくさんおられることでしょう。私もこれに関してはとても悩みました。できるだけ穏便に事を運びたかったのですが、結局はじめは大喧嘩になってしまいました。最終的には「子どもためにも」と説得して、なんとか受診することになったのです。

うつ病も波があるので、相手の状態を見ながら、適切なタイミングで切り出すのが大事なのでしょうが難しいものですね。

穏やかに話すつもりが大喧嘩に…

夫がうつ病かもしれない。そう思って受診を勧めようとは思ったのですが、どう切り出すべきか悩みました。夫は素直にこのことを受け入れないでしょうし、怒らせてしまうのではないかと思ったのです。いつ言おう、いつ言おうと悩みながら一週間以上が経ちました。

そんなとき、日曜日に用事ができ、1人で出かけなくてはいけなくなったので、夫に子どもたちのことを頼もうとしたのです。そしたら、夫は「俺は仕事で毎日大変なのに休日まで自由にならないのか!」と怒鳴りつけてきました。私が家を空けるのはたったの1時間くらいのこと。怒鳴りつけられたとき、私の中で積もりに積もっていた怒りが一気に噴出してしまって…ついに私も夫に対して今まで思っていたことをまくし立ててしまいました。「あなたは家庭を壊す気なの!?いつもイライラして!こんな状態夫婦じゃないし、あなたは父親失格よ!早く病院いって治してよ!」今ではとてもこのことは後悔しています。

決め手は「子ども達のためにも」の一言

結婚して以来の一番激しい大喧嘩の後、しばらく口もきけない状態が続きました。このまま本当に離婚することになるのではないかと思ったほどです。しかし、子どもたちがそんな私たちの状態に気づきはじめて、娘などは情緒不安定な状態になり、これではいけないと思いました。

私は思い切って夫に娘のことを話しました。「これは私たちのせいだわ。あのときは、ひどいこといってごめんなさい」と心から謝りました。夫はそのとき、「自分でもおかしいと感じてはいた。職場で上司が代わってから歯車が狂いはじめたように思える。だけど、認めるのは怖かった」と話してくれたのです。「子ども達のためにも」夫は受診することを決意してくれました。

家族がうつかもしれないと感じたとき、受診するようにいう タイミング は難しいです。喧嘩の勢いでは絶対に避けるべきで、できるだけ相手が落ち着いているとき勇気を出して話すべきだと思います。