HOME → うつ病にしてあげられる事 → うつ病治療に効果的な食事とは?

うつ病治療に効果的な食事とは?

うつ病治療に効果的な食事 うつ病は、心の病ですので、意識はまずメンタルヘルスに向かいます。しかし、心、脳も体の一部ですので、どのような栄養素を取り入れるか、つまりは食事の管理がとても大切です。 では、どのような食事を取るのが良いのでしょうか?

うつ病改善に良いメニューとは?

うつ病の原因として大きなものの中に、セロトニンの減少が上げられます。セロトニンは神経に作用する成分で、心を安定させる働きをするものです。この成分が不足すると、不安や落ち込みを感じやすくなり、やがてはうつへと進行してしまうのです。

セロトニンは、必須アミノ酸の一つ、トリプトファンから生成されますので、トリプトファンを多く含む食材を積極的に摂取することには、一定の効果が期待できるとされています。

トリプトファンは、タンパク質に多く含まれる成分で、肉や魚、ナッツ類、大豆製品、乳製品、バナナなどは積極的に取った方がよいとされています。

他にも、海藻類、雑穀、にがりに含まれるマグネシウムも、不足すればセロトニンを減少させますので、積極的に摂取すると良いとされています。

食べ方が大切

うつ病の治療の難しさは、バランスの良い食事が大切なことが分かっていても、食事に対する意欲が著しく減退しているため、食べられない、という点にもあるでしょう。

食べることそのものに対する意欲の減退のほかに、味覚に障害が出て「味が分からない」という状態となるため、何を食べても「紙を食べているよう」「ゴムをかんでいるよう」に感じ、食事をむしろ苦痛に感じてしまいます。

もしもパートナーがうつ病になり、さらに食欲不振を伴う症状であれば、食事を食べさせるために一工夫が必要となるでしょう。

スープやプリン、ゼリーなど、のどごしが良く消化も良いものは、食欲不振の場合でも摂取しやすいようです。同様に、豆腐も比較的食べやすいようですので、まずはこれらのものから試してみると良いとされています。

また、中には自分の好きなものしか食べない、という人もいます.家族は、栄養バランスが気にかかるところですが、まずは自発的に食べることを大切にすべきとされています。 栄養状況が著しく悪化するようでしたら、病院に相談すれば点滴、栄養剤などの治療を行ってもらえます。

食材は、飲み込みやすいように小さく切り、また水分の多い調理法が良いようです。

また、少しでも食べてもらおうと、多くのおかずを本人の前に並べると、それにプレッシャーを感じ、結局一口も食べられないという事例も見られるようです。まずは、小さめのお皿に1品だけ、少量を出すことが大切とされています。

食べきることで、達成感を持ってもらうことが大切、食べきったからといって、本人からリクエストされないのに次々とお代わりを出すようなことは避けた方が無難です。

また、外で適度に体を動かした後は、誰しも空腹感を感じやすく、食事をスムーズに取れる場合も多いようです。 晴れた日など、家族で近所の公園へ出かけることなども、食事の改善に役立つ可能性があります。

食べることは大切ですが、プレッシャーを与えないようにすることも大切です。料理が食べられなかったとしても、料理を作ったあなたが悪いわけでも、食べない夫が悪いわけでもありません。 状況を誰かのせいにして責める必要は全くありません。 おおらかな気持ちで乗り切ってください。