HOME → うつ病にしてあげられること! → 夫婦の危機!うつ病夫とEDについて

夫婦の危機!うつ病夫とEDについて

夫婦の危機 うつ病患者の半数がEDにかかっているともいわれています。失恋や離婚などが引き金となっているうつ病の場合はもちろんですが、一見性生活に関係のない原因でもEDになる危険性があるそうです。それは、ストレスや不安感が性欲をも減退させるから。また、うつ病を治療する抗うつ剤は種類によってはEDになる副作用があるとか。

このように、うつ病とEDの関係は深く、性生活に与える影響は甚大です。パートナーとしては、無用なプレッシャーは与えないこと、また、EDの治療を受けたいといった場合は協力することが大事でしょう。

男性としての自信をも失った夫

うつ病と診断が下る前から、夫にはEDの傾向がありました。そもそも以前から性的なことには淡白だったのですが、いざ挑んでも肝心なところで下半身の元気が足らず…そんなことも多々ありました。あまりにそんなことが続いたので、私は浮気を疑ったし、正直とても傷ついて…。ついつい夫に「もういいわよ。私だってそんなんじゃつらいわ」といってしまいました。きっと夫はとても傷ついたと思います。今思えばひどいことをしてしまいました。

夫はそれからますます元気をなくしてしまったように思えます。うつ病と分かっても、性生活を再開する勇気は持てず。ついに、セックスレスの状態になってしまいました。

夫に勇気を与えた!ED治療

このままでは夫婦としてダメになってしまう。私は危機感を覚えていました。それは夫も同じであったようで、彼も「このままじゃいけないな…」と話すことがありました。しかし、どうしていいか分かりません。

そんなとき、主治医が「EDを治療したいなら専門医で診てもらうのがいいよ」と言いました。はじめは、夫はためらったのですが、主治医によると専門のクリニックならプライバシーも十分配慮されているし、服を抜いだりする必要などは一切ないとのこと。そして、EDが改善すればうつ病にも良い効果があるようです。

ED治療はほぼ薬をもらうだけでしたが、それで性生活の問題は解消されました。夫は性生活を取り戻したことで、大分以前より前向きになり、同時にうつ病改善にもつながったように思います。

私も夫婦の大事なコミュニケーションを取り戻すことができて、うつ病治療のサポートをさらに頑張っていこう!と勇気づけられました。もしも、パートナーがうつ病でEDになったのなら、治療をすすめ、協力するべきでしょう。夫婦としての絆を取り戻すこともできますし、うつ病治療にもとてもいい効果が望めます。